前回の解答

解答:

▲2三銀不成△同角▲2四角成△同玉▲3五飛成

△1四玉 ▲1五歩 △同玉 ▲1三桂成まで9手詰


2三銀不成に同竜なら1二飛成〜1五銀以下7手詰め。

いかにも正解のような手順がワナです。ここは同角

にて手順が延びます。

持駒

前前回の解答

解答

▲5七馬 △4六香 ▲1三銀 △1五玉 ▲4八馬
△同香成 ▲3七馬 △同桂成 ▲2四銀不成まで9手詰

初手4六馬寄は3五銀合で不詰。初手は2枚馬の余地を残す 5七馬が正解。これに3五合なら3三銀にて早い。ゆえに4六香中合が最善。香以外の中合なら早いか駒余りとなります。

2手目香中合に同馬上なら3五銀合で不詰。3手目1三銀が含みある手。1三銀とせず3三銀ならば、同とで不詰となります(ここがごい)。4手目同玉だと4六馬引で2枚馬 となり1三馬以下駒余り。ゆえに1五玉と逃げる。あとは馬を順番に捨てれば 駒余らず詰み上りです。

序の2手を省いた寛寿賞作品です。
作者は若い方のようです。その才能に感服です。

持駒

前前前回の解答

解答

▲5九角 △5七と ▲4六香 △同玉 ▲5六馬
△同と ▲3七角 まで7手詰

初手5五角は4七歩合にて詰まない。

初手6八角なら5七歩合にて詰まない。

初手5九角に4七歩合なら同香までの3手詰。

初手5九角に8七竜も4七香までの3手詰。

初手5九角に5七香合は同飛〜3八香まで。

初手5九角に6七桂合は4六香〜5六馬まで。

ところが2手目に △5七との移動合が有り。

(同飛は同竜で5九角の素抜き狙い)。これ

には、玉を逃がすような4六香の妙手で対抗。

最後に馬捨てが入る7手詰傑作でした。

持駒

なし