前回の解答

解答 : ▲7四歩△同角▲6四銀△同玉▲6二飛成

    △同飛 4五桂まで7手詰

2手目6四玉は4五桂〜7五銀 4手目8四玉なら

7五とまで。5手目が少し迷うとこ。いきなり4五桂の

空き王手なら2八飛成と角を素抜かれる。かといって

2五桂の空き王手なら5三玉と逃げられる。ゆえに

▲6二飛成△同飛と、飛のたて効きを消して、4五桂

までの7手詰となる。収束の▲6二飛成に△6三合駒

なら2五桂となる。桂の飛ぶ時期と方向に味のある

作品でした。

持駒

銀歩

前前回の解答

解答 : ▲6五角△同金▲5七銀 △同玉

  ▲4九桂 △5六玉▲6七角 △同玉

  ▲4七龍まで9手詰


2手目同玉なら5五竜まで。

4手目以降、変化なしの必然手です。

原作は初手角の限定打が入る11手詰

の好作です。初手を省いたため多くの

正解者が出ました。

持駒

前3回の解答

解答 : ▲5六金△同銀▲6五飛 △同銀

▲6八飛まで5手詰。


2手目6四玉なら2三飛成以下、合駒なら

6五金まで、7四玉なら7三竜まで。

ネットから、記事に準じて掲載します。

6四に落ちると捕まりそうにないので開き

王手から考える。いくら考えても詰まない。

あげく「何だ?この角と金は?」ということ

になり正解を発見できるという訳です。

持駒