前回の解答

解答: ▲6七馬△8五玉▲1六飛△6七桂成

▲2五飛△8四玉▲1四飛まで7手詰


初手6七馬に9五玉は9四飛〜9六飛以下駒余り。

3手目6六飛でも作意手順で詰みそうですが作者

のワナ。6六飛なら6七桂成2五飛に対し6五歩

合にて飛車がかぶって不詰。この応手は6筋から

3筋まで同じ。飛車があとで縦に動けるのは1筋

のみで、3手目1六飛が唯一の正解となります。

'10年看寿賞作品でした。

持駒  

前前回の解答

解答:

▲7七飛△同歩成▲9四角△6六玉

▲5五銀
△同龍▲4八馬 まで7手詰


▲7七飛〜▲9四角が、思いつかない手です。

5手目竜の効きを打診する5五銀が手筋。これ

に対し7五玉なら8五馬まで。つまり8五馬と

するためには3手目の角を最遠地まで動かさ

なければならない、というマニア好みの作品

でした。

持駒

飛銀

前3回の解答

解答:

▲2三銀不成△同角▲2四角成△同玉▲3五飛成

△1四玉 ▲1五歩 △同玉 ▲1三桂成まで9手詰


2三銀不成に同竜なら1二飛成〜1五銀以下7手詰め。

いかにも正解のような手順がワナです。ここは同角

にて手順が延びます。

持駒