手詰シリーズ解答

解答: ▲6七馬△8五玉▲1六飛△6七桂成

▲2五飛△8四玉▲1四飛まで7手詰


初手6七馬に9五玉は9四飛〜9六飛以下駒余り。

3手目6六飛でも作意手順で詰みそうですが作者

のワナ。6六飛なら6七桂成2五飛に対し6五歩

合にて飛車がかぶって不詰。この応手は6筋から

3筋まで同じ。飛車があとで縦に動けるのは1筋

のみで、3手目1六飛が唯一の正解となります。

'10年看寿賞作品でした。

持駒

なし

解答:▲4五角△3四桂左▲2二桂成△1三玉

  ▲4六角△同龍▲7三龍まで7手詰


初手4五角は平凡だが高度な狙い。3四歩合なら2二

桂成〜4六角の作意手順で駒余り。狙いが竜の効き筋

限定と想像できるが初手▲4五角〜▲4六角の組立が

意外と気づきにくいようです。更に2手目の移動合が

ポイント。これにより3手目が空成りとなり駒余り解消。

3手目同角と飛びつくと、もちろん不詰です。6手目

△同桂なら▲1七竜まで、これも正解です。

詰パラ短編コンクール優勝作からでした。

持駒

角角

解答 : ▲7四歩△同角▲6四銀△同玉▲6二飛成

    △同飛 4五桂まで7手詰

2手目6四玉は4五桂〜7五銀 4手目8四玉なら

7五とまで。5手目が少し迷うとこ。いきなり4五桂の

空き王手なら2八飛成と角を素抜かれる。かといって

2五桂の空き王手なら5三玉と逃げられる。ゆえに

▲6二飛成△同飛と、飛のたて効きを消して、4五桂

までの7手詰となる。収束の▲6二飛成に△6三合駒

なら2五桂となる。桂の飛ぶ時期と方向に味のある

作品でした。

持駒

銀歩

解答

▲4九銀△3九玉▲4八銀△同玉▲5七角

△5九玉▲2九龍まで7手詰


4手目同桂成は1七角で早い。同玉にて

初形から香を消去した形。つまり香が邪魔

でした。以下は足の長い大駒を使っての詰。

持駒

角銀