手詰シリーズ解答
解答

7五竜、6五銀合、6四竜、同金、

5六歩、同銀、6六銀まで7手詰め


2手目歩香合は6四竜、同金、同銀以下

歩余り。
角桂合なら6六竜まで。飛金合なら

同竜以下
早い。歩が取れる銀合が正解。

(取り歩駒発生
の森田手筋と言われてます)

その瞬間、竜が
邪魔駒と化しこれを消去して

歩詰解消します。

持駒

解答

▲6二飛 △3三玉 ▲1一角 △4三玉

▲4五香 △5三玉 ▲4四角成

まで7手詰

簡素な形から繰り出す鮮やかな手順です。

▲6二飛は限定打。これより近いと△4三玉

と逃げた時、飛に当たります。遠いと、詰まない。

最後の△5三玉 と逃げた時の▲4四角成が、

絵に描いたような公式詰図です。

持駒

飛角香

解答

▲5八飛△5七銀▲6五馬△同玉▲6六金

△同銀成▲7四馬まで7手詰


初手は分かり易く、実質6手詰?です。

2手目同竜が誘いの手。同竜なら6五馬以下

早い。ここは6七銀合が最善。同飛なら同竜

で詰まなくなる。ここは6五馬以下、金を捨て

馬引きまでが正解。

持駒

解答

▲5九角 △5七と ▲4六香 △同玉 ▲5六馬
△同と ▲3七角 まで7手詰

初手5五角は4七歩合にて詰まない。

初手6八角なら5七歩合にて詰まない。

初手5九角に4七歩合なら同香までの3手詰。

初手5九角に8七竜も4七香までの3手詰。

初手5九角に5七香合は同飛〜3八香まで。

初手5九角に6七桂合は4六香〜5六馬まで。

ところが2手目に △5七との移動合が有り。

(同飛は同竜で5九角の素抜き狙い)。これ

には、玉を逃がすような4六香の妙手で対抗。

最後に馬捨てが入る7手詰傑作でした。

持駒

なし