手詰シリーズ解答
解答:

2五銀、同玉、2六香、同玉

2七金、2五玉、3六角まで7手詰め

解説 :

初手、2四角成は同香以下不詰め。

いきなり2五銀と捨て、その後

3手目2六香と短く打つのがミソ

詰めパラ幼稚園の好作でした。

持駒

金香

解答

7六金、同香、1二角成、6八と、

5六馬、7七玉、1五飛、まで7手詰


初手、2三角成は7七玉、5八飛、

1一飛成、と馬を抜かれる。

初手金捨ての逃げ道封鎖が正解。

素抜きを防ぐための2回に亘る大駒

の最遠移動が素晴らしい。

持駒

解答

7一角、5四玉、6六桂、同竜、

6三銀生、同竜、3六角まで7手詰


2手目3四玉は2五竜まで。

3手目同銀成なら3六角まで。

5手目同玉なら7四竜まで。(駒余り)

角の限定打、焦点の桂打ち、銀捨てから
鮮やかな透かし詰め。緩みなき手順です。
平成20年度詰めパラ半期賞受賞作

持駒

角桂

解答

1五銀、同銀、1三飛、2五玉、2四飛、

同銀、1六飛成、まで7手詰め


2手目同玉は1六飛、2五玉、2六飛打まで。

4手目同玉は1二飛まで。 6手目同玉は

2三飛打まで、6手目3六玉なら1六飛成、まで。


藤井聰太四段、9才時の作品でした。