手詰シリーズ解答
解答: 3四角、5七角成、5五飛、4四玉
     3五銀、同馬、5四飛、まで7手詰

解説 初手は3四角の開き王手。以下@4四玉なら

  5四飛まで。A合駒すれば5二飛、4四玉、4五

  銀で早い。B6三玉なら5三飛、6二玉、6一角

  成、同玉、5一飛成で駒余り。ところが2手目、

  玉方に絶妙の応手あり。5七角の移動合です。以下

  5五飛に4四玉で不詰感が漂うが、3五銀が好手。

  5五玉と飛車を取れば5七香まで駒余り。従って

  3五銀には同馬が正解で、とどめは5四飛まで。

  鮮やかな変化手順、ふわっとした最終手、加えて

角の移動合+スイッチバック。7手詰傑作でした。

持駒

飛銀

解答: 4六角、3七飛合、1七銀、

同玉、3五角、同飛成、2七金まで


初手5五角だと、あと

で飛の効きで不詰め

2手目桂合だと2九金

〜3五角〜1八金にて

銀が余る。

持駒

角金銀

解答: 1五角、3四玉、4六桂、

  同と、1二角、同飛、3三飛成、

  まで7手詰


初手同玉は1三飛成

5手目1二角に4四玉

なら2六角で駒余り。


持駒

角角


解答: 1九金、同と、2八馬、同玉

3九銀、1八玉、3八龍まで7手詰


初手1九金を同玉なら3九龍〜2八馬

で早い。3手目2八馬が好手。同玉の

一手となり3九銀以下、清涼詰。

(清涼詰・・攻め駒2枚の詰み)

持駒

金銀


解答: 2一角、同玉、1一金、同玉、

2三馬、2一玉、1二香成まで7手詰

 2手目同竜なら2四馬の一発。

 同玉に1一金と危険ゾーンに

 玉を呼込み馬が入って終了。

 簡素な手筋作品でした。

持駒

角金


解答: 5五と、6六桂合、同飛、4六桂合、
4九玉、4七香合、4八桂まで7手詰め

2手目4六桂合なら6八玉〜2六とで早い。

本譜6六桂合と中合いするのがミソ。つまり

同飛と取らせることで、6八玉が反則手と

なる。(9五角による王手だから)

以下逆王手の応酬も、合い駒桂打ちまで。

詰めパラ半期賞作からでした。

持駒

なし

解答: 2八角、5六玉、2九角、

同竜、3六竜まで5手詰め


初手1九角なら5六玉と逃げて

つかまらない。香を遮断する2八

角が正解。同竜(香)なら4五竜〜

4七竜で駒余り。3手目2九角に

6六玉なら6五竜にて駒余り。

(詰パラ短編好作から)

持駒

角角