手詰シリーズ解答
解答: 解答: 4七香、4六角合、4三金

   5四玉、5六角、2四角、

   4四金まで7手詰

2手目角合以外なら同じ手順で早く

詰みます。飛車の素抜きに要注意。

3手目4三金という手が光ってます。

不利感漂う、うしろ金で、しかも重ね

打ち。7手詰の好作でした。

持駒

金香

解答: 3四角、6五玉、5六角、5四玉、

6四金、同歩、7四角まで7手詰


初手2三角成なら5五歩合で逃れ。

2手目6五玉にて歩が消去され、続く

6四金にて金も消去される。ダブル

じゃま駒消去という高度な作品で、

詰めマニアも絶賛した作品でした。

持駒

なし

解答: 7三銀、同桂、7五銀、同歩、

7四金、同玉、5四飛成まで7手詰


2手目同玉なら8四銀、6四玉、7四

金、同玉、5四飛成まで駒余り

華麗な捨て駒と両王手が狙いです。

詰将棋の大家村山隆治先生の

自負作でした。

持駒

銀銀

解答: 4一馬、同竜、1四角、1三玉、

4一角成、1六桂、1四飛まで7手詰


初手4一馬がとぼけた感じの好手で

あとは簡単。初手1四角〜3二馬が

誘いの手で、同竜なら作意順で詰む

が、同玉で逃れ。昔の詰パラ短編入

選作からでした。

持駒

解答
7七飛、同歩成、9四角、6六玉、5五銀、
同竜、4八馬まで7手詰め

初手6七飛なら5六玉、3六角の時、
5八歩合にて詰まない。2八の角を
最遠の9四へ動かす初手7七飛が
不利感の漂う名手です。5手目の
5五銀に対し7五玉なら8五馬とす
ためです。詰パラ半期賞受賞作。

持駒

飛銀

解答: 2七金打、同歩成、1六金、

  同銀、2六竜、同と、3九角

  まで7手詰

2枚の金を捨て、とどめは龍捨て

です。逃げ道を封鎖し狙いの角引

き(透かし詰)を実現させます。

持駒金金銀
解答: 2六金、同玉、1七角、1六玉、

2六金、同歩、3九角まで7手詰


2手目同歩は2五角〜3四金で早い。

5手目3五角なら1九飛成で、香が

素抜かれる。再度の2六金で逃道

を封鎖し、角と香とで透かし詰。

昔の7手詰傑作選からでした。

持駒角金金