5手詰シリーズ解答
解答: 2八角、5六玉、2九角

同竜、3六竜、まで5手詰


初手2八角に対して同香成も同龍も

合い駒しても4五竜以下早い。5六玉

の一手に対して再び遠見の2九角で

決まる。谷口均先生の作品で短編の

構想作という感じです。


持駒

角角

解答: 2五竜、同桂、2六馬、

  同と、4五角成まで5手詰

2七玉と入られると詰みそうにない

ので初手2五竜は当然の着手。3手

目5六馬から1七竜(馬)は桂馬の

効きで不詰め。2六馬捨てから2七

へ効かす4五角成が狙いの手

第6回詰将棋解答選手権から、一番易

しい7手詰を5手詰に改作したもの。

これでも道場の3段陣は解くのに苦労の

ようです。

持駒

なし

解答: 1二飛、同香、1三銀成、

同玉(又は香)、2四金まで5手詰

初手は逃げ道封鎖の飛車捨です。

易しい5手詰でした。


持駒

飛金

解答

2三飛成、3五玉、4二銀不成り

4四玉、5三竜まで5手詰

2手目同玉は2二銀成まで。

3手目4二銀不成がすごい手。

銀があさっての方向へ。

'14年9月詰パラから、5手詰の

難解作でした。

持駒

なし

解答

4二金、同飛、3二飛、

同飛、4一金まで 5手詰


3手目の3二飛が好手。

同角も同玉 も2二金まで。

初心者向けの典型的な手筋

ものでした。

持駒

飛金金

解答: 1九角、4五玉、3六竜

 同玉、4六金まで5手詰

2手目3七合駒も3六合駒も、同竜

で無駄合いとなる。3六竜に対し

5四玉なら6四金まで。

奨励会の5手詰作品。原作は角が
馬のため難解でした。

持駒

解答:
  5四金、同角、5六桂打、5五玉、
  3五飛成まで5手詰

2手目同玉は6三成まで。

3手目5六桂打は玉を広域へ逃す

ようだが3五飛成の両王手がピッタ

リの詰め上り。

詰め筋が分かり易い5手詰めです。

原作は9手詰最優秀作。初手の好手

香打ち以下を削いで5手詰めに改作し

たものです。

持駒

金桂