5手詰シリーズ解答
解答: 2二金、1三玉、1二金、

同銀、2四銀まで5手詰め


飛車の空き王手にこだわると

解けない。初手は単純に金を

寄せて、そのあと金を捨てる

のが意外と難しいようです。

持駒

解答: 2二馬、同玉、1三銀、同玉
    1一竜まで5手詰め

子供教室で人気の詰将棋です。
原図から2一馬及び持ち駒の銀を消去
すると1一竜の1手詰めです。
じゃま駒消去に気づけば簡単ですが、
解いたあとで気づくのですよね。
え?解いたあとも気づかない、(^。^)

持駒

解答: 1二飛、同香、2二飛成、

同馬、2四金まで5手詰


詰将棋パラダイスのヨチヨチルーム
から形と筋の良い作品
です。
変化は全くないのに好
感が持てます。
将棋教室の子供たちは、なぜか簡単
に解き
ました。道場の有段者が悩む
問題なのに。
不思議ですね。

持駒

飛金

解答: 1八角成、4一歩合、2二歩、

1二玉、4五馬、まで5手詰め

解説 
3一桂成〜5四角成で簡単なようです
が4一歩合にて詰みません。香の頭に
角が成るという発想は、初めての人は
ビックリされると思います。

知る人ぞ知るという作品ですが、以前から
将棋タウンの中でこう紹介されています。
かなり前に、「将棋ジャーナル」という雑誌に載っていたものだと記憶しています。はまると、永遠に解けない・・・・・。

持駒 歩

解答: 2六桂、同飛成、3三金、同金
1五飛まで5手詰め

解説 
初手2六桂に対して2三玉と逃げると
4三飛成まで
(両王手)。従って同飛の
一手。続く3三金で退路を
塞ぎ、1五飛
の開き王手。これが意外に詰みです。
初手3三金は手順前後です。同金の
あと2六桂は
2三玉で、1五飛は6七飛
成、いづれも詰みません。

〜週間将棋の3手詰からです。
 最後の1手詰が面白く、5手詰に改作。

持駒

解答: 7二角成、3八玉、7四角
   
 4九玉、9四馬まで5手詰

解説
初手6三角成なら最終手の馬引きは
角が邪魔でできない。8一
角成なら
盤面不足で馬引が不可。したがって
初手7二角成こそが、唯一の馬引きが
可能な手、という作品でした。

詰将棋パラダイスの好評作から配置駒を
削除して狙いを分かり易くしたものです

持駒

なし

解答: 4一角、1三玉、1四角成、

同玉、2四金、まで5手詰


4一角に対し合駒なら2四金まで。

3手目1四角成に対して1二玉なら

2二金まで。詰将棋初級者向けの

典型的な手筋モノでした。

持駒

角金