5手詰シリーズ解答
解答
3二桂成、同玉、4一竜、4三玉
2一角成まで5手詰

5手詰最高傑作のひとつで、
マニアにも評判の作です。
初手は平凡に桂馬で王手です。
その後、誰でも銀の開き王手を
考えます。これが詰みそうで詰ま
ないので、初手3二桂成に疑問
を持ったりとかで、堂々めぐりされ
た方も多かったと思います。
平凡な序の2手を省いた3手詰め
なら4一竜の発見は容易だと思い
ます。難しくなる理由は単に思考
の選択肢が増えただけではないと
思います・・?

持駒なし
解答
1三金、1五玉、2四竜、同玉、
1四飛まで5手詰

初手1三金を同香なら、2四飛、
1五玉、1三竜まで。

このような、玉を引張り上げる竜捨
ては、中段玉を仕留める手筋とし
て、実戦でよく現れます。

持駒

飛金

解答
3四角、同馬、2三銀成、同玉、
2二飛成まで5手詰。

両王手の2三銀成りを発見できれば
チョウ簡単な5手詰でした。

持駒

解答
1一馬、同玉、3一飛成、2一合駒
5五角まで5手詰。

変化が全然ないのに、なぜか意外
と好評のようです。
角がバックするのが盲点でした。

持駒

なし

解答
6三竜、同角、6七角、5五玉、
6四竜まで5手詰。

初手6三竜に同玉なら4五角まで。
3手目6七角と空間に引くのがミソ
6五玉でも6四竜まで、4三玉なら
3四竜まで。

持駒

なし

解答
1三銀、同玉、3三飛、同飛、
3二角成まで5手詰。

3手目3三飛に対し合駒したくても
同角成が両王手のため、合駒でき
ない。そこで3三同飛となり、収束は
3二角成の透かし詰めでした。
柏川悦夫先生の作品です。わずか
5手詰に質の良さを感じさせます。

持駒

飛銀